瞬間接着剤のエキスパート【アルファコーポレーション株式会社】

twitter

会社概要個人情報MAPサイトマップ

0547-37-2736 メールで問い合わせ
MCRPローラーポンプシリーズ
チューブ耐久性2000時間以上チューブ取扱が容易に長期安定流量微少流量から100ml分まで対応

MCRPシリーズのペリスタティックチューブポンプはローター部を含め高精度全金属構造で磨耗、熱による変形を抑えチューブへの負担を最大限低減し高寿命・長期安定流量を達成。
また、ローターの回転軌道を高精度に保ち、テフロンチューブなど特殊チューブを使用した送液を可能にしました。
ゴム系チューブでの耐久性はもちろんテフロン チューブで連続運転で2000時間以上の耐久性を実現します。


特長

  • 遊星転動機構の採用により最小限摩擦でチューブの長寿命化・長期安定送液を可能にしました。
  • 従来耐久性に乏しかったテフロンチューブの長期安定使用を可能にし、
    瞬間接着剤や有機溶剤などの液剤に使用出来ます。
  • ローターを含め高精度全金属構造です。磨耗・熱に強く小型で堅牢です。
    ポンプのローター径は標準で3タイプあり微小流量から100ml/分まで対応しています。
ローター構造図

ローター構造について

従来チューブに押し圧を加えた状態からローターを公転させた際に生じる摩擦は大きく、チューブが公転方向に送られる現象が起こります。 チューブを送り止めにより固定しますが、これはチューブにストレスが加わりチューブ自身の疲労を促進し、送液の安定性を損ない流量の降下につながります。 最悪の場合はチューブの亀裂という結果になります。
本機構は自由に回転出来るローラーを等円周上に等しいピッチに保持しているローターは外輪に接し、各ローラーの公転軌道の精度を保ちます。 外輪は転動体と転動体保持具を介し回転体に固定されています。この為、ローラーに摩擦が生じた際に外輪が回転し、ローラーの自転になります。(左図参照)

MCRPシリーズ
MCRP103
MCRP103

流量0.6ml/minの微少流量タイプ

MCRP204H MCRP204H

負圧タイマー・インターバルタイマー設定可能のタイプ

MCRP204
MCRP204

シンプルな手作業向けタイプ

MCRP326
MCRP326

流量が多い大型タイプ

細かい仕様は、pdfをご覧下さい。スペック表PDF

組込型ローラーチューブポンプ オプション品
MCRP103P/204P/326P MCRP204P 4CH 組込例 手元スイッチ

手元スイッチ PNSW-1

フットスイッチ

フットスイッチ FS-1

細かい仕様は、pdfをご覧下さい。スペック表PDF

他にこのような特殊ポンプもございます

静動脈特殊ポンプのパーツです。
詳しくはお問い合わせ下さい。

インターネットからのご注文・お問い合わせはこちら
アルファコーポレーション株式会社 電話0547-37-2736

ページのTOPへ戻る